個々に特性のある子どもたちが生きる力を身につける

放課後等デイサービス

個々に特性のある子どもたちが生きる力を身につける

放課後等デイサービスは、6歳から18歳までの特性を持っているお子さんが放課後や学校がお休みの時にに通い、様々な活動に取り組むことで、子供の自己実現を叶えるための支援を行う事業です。

障害や特性を持っている子どもたちは、できることに偏りがあり、経験せずに通り過ぎてしまっていることが多々あります。

やってみたい、と思えることは何でもやってみること。それを通して自分を知り、みんなと一緒でなくても僕は僕、私は私でいいと思えること。自分のことを認めわかることから、始まります。
それが、生きる力につながります。

ひとりひとりと向き合って支援する

放課後等デイサービスは、ただ単にお預かりをするだけでなく、児童発達支援管理責任者が作成する個別支援計画に基づいて支援を行います。例えば、「友達を意識して活動に関わる」「自分の気持ちを伝える」「持ち物の管理ができる」「スケジュールを意識して自分の行動の見通しを持つ練習をする」「活動の中で姿勢を保持する」など、自分の暮らす社会の中でもできる力につなげていきます。

生きづらさを持つ子どもたちの支援の場を

周囲の理解がないと、生きづらさを感じてしまいます。

それは障害を持っている、持っていないに関わらずだと考えており、私たちは支援する子どもたちを障害の有無では捉えていません。すべての子どもたち、すべての人が大切に思い合える社会を目指すというころんのコンセプトに基づいて支援しています。

この事業を行っている事業所